FC2ブログ
20
2010

肥満のヒトの体感温度はわからない

もうだいぶ涼しいので、母と部屋を元通りにチェンジした
真夏の間は札幌と言えど気温は高かった…特に今年は(らしい@2回目なのでまだ実感が)

最近ではリビングに入るときには秋の装い(笑)でないと寒くていられなかった
と言うのも、母は暑がりで窓だらけのリビング(個室とつながっているので、なんでもあけぱっぱが好きな母なので常時あけぱっぱ)はいつもおソトみたい。。。

クローゼットも半分あけぱっぱ…風を通したいようで
かつらとか部分ウイッグも買ったはいいけど鬱陶しいって使わない
帽子は真夏以外はうざいって言ってすぐぬいじゃう
真冬でも手袋、マフラー、帽子は鬱陶しがってやらない
こんなかんじなのですぅ

母もリビングつながりの部屋はさすがに何もしない(料理関係いっさいやらない)で居るのに居辛いのもあるみたいで部屋チェンジを何回も要求してきたのでチェンジした
だけどまだ個室の入り口もリビングへの入り口も開けておかないと風が通らないので、またまたあけぱっぱ

リビングつながりの私の部屋は境の戸を閉め切らないと寒くていられない
戸を開けると外みたいだよ@食事は外でしましょう、みたいな(笑)

今朝も締め切ってあったので「あんたあけんの?暑くない?」って言うし。。。寒いワ
高くなってもいいからワンルームふたつ借りたいよ、体感温度が違いすぎる

イシちゃんとかも真冬でも半袖みたいで、皮下脂肪の多いヒトの体感温度は理解できない
私も決して痩せてはいないけど、さすがにわからない

リビングの窓はいまだに全開にしてあってチョー寒い
だから大型のテレビが見れないのでPCで地デジとかDVDを見ている

部屋がもう少し大きいといいんだけど、場所的に物件がない
都心すぎるんだよね
複数で住むには合わないね
 登録お願いしまーす!☛音系チャンネル登録  ☛日記系チャンネル登録  ☛60歳代のブログを見る

0 Comments

Leave a comment